1日2食のダイエットで、運動せずに簡単に痩せられるという噂は本当なのでしょうか?1日2食ダイエットの効果はもちろん、やり方やメリット、デメリットも気になりますよね。健康的にキレイにダイエットできるのか、真相に迫ります!

運動せずに簡単に痩せる?!1日2食ダイエットのすすめ

忙しい日々の中で、運動する時間を見つけることは、容易ではないですよね。ダイエットをしたいと思っていても、運動する時間がないことで、思うように効果がでないという経験がある人も少なくないのでは?

そこで注目を浴びているのが、運動せずに簡単に痩せられると噂の「1日2食ダイエット」なんです。簡単と言っても、どのダイエット法でもやみくもに実践するのは危険です。まずは、1日2食ダイエットのやり方、効果、メリット、デメリットなど、しっかり理解しましょう!

1日2食ダイエットとは?

通常、私達は朝食、昼食、夕食と1日3回の食事を基本としていますよね。1日2食ダイエットは、その名の通り、1日3食から1日2食にすることで、摂取カロリーを抑えて減量を目指すダイエット方法です。

摂取カロリーが高いほど体重増加に繋がることは、周知の事実ですよね。摂取カロリーを抑えることがダイエット成功のカギであり、比較的簡単に体重を落とせると言われています。何より食べることが好き!という人には、辛いダイエット法かもしれませんが、運動せずにダイエットできることを考えたら、やはり手軽に実践できるダイエット法ではないでしょうか。

1日2食ダイエットの効果

1日2食ダイエットの最大の効果は、前述の通り、1日の摂取カロリーを大幅に抑えることができる点です。それまでの生活と消費カロリーは変わらず、摂取カロリーが減るので、必然的に痩せますよね。しかし、1日2食ダイエットで気をつけなくてはいけないのは、1食抜くことによる空腹感から、他の2食をドカ食いしてしまうことです。1食抜いた分のカロリーを他の2食で補ってしまっては、ダイエットになりませんので、注意が必要ですよ!

1日2食ダイエットが向いている人って?

1日2食ダイエットが向いている人は、こんな人です!

運動が苦手な人

運動がダイエットに高い効果があることは分かっていても、運動が苦手な人にとっては、とても過酷なことですよね。「ウォーキングなら簡単だし、続けられそう...」と思って始めてみたけれど、すぐに挫折して落ち込んだ経験がある人も少なくない筈です。やはり、好きでないことを続けるのは、思っている以上に困難なんですよね。なので、運動なしで効果がある1日2食ダイエットは、運動が苦手な人に一押しのダイエット方法なんです!

カロリー計算が面倒な人

ダイエットをしようと思ったときに、最初に頭に浮かぶのがカロリーのことではないでしょうか?そして、食事のカロリーを把握して、1日に摂取したカロリーの合計値を知ることがカロリー計算です。1日の摂取カロリーと消費カロリーを知ることは、ダイエットする上でプラスになることは事実です。

しかし、カロリー計算を毎日しっかり続けるのは至難の業ですよね。煩わしいカロリー計算をしなくて済む1日2食ダイエットは、カロリー計算が面倒な人や気軽にダイエットしたい人に向いています!

1日2食ダイエットのやり方

1日2食ダイエットのやり方は、3食のうちの1食を抜くだけです。しかし、抜く1食を朝食にするのか、昼食のするのか、夕食にするのかにより、メリットとデメリットも違ってきます。

どのダイエット法でも言えることですが、ダイエット成功の1番の秘訣は、継続してダイエットを続けることです。3日坊主では意味がありませんよね。そのために、まずは自分にとって、どの食事を抜くのがベストなのか把握して、実践することが大切です。

1日2食ダイエットで気をつけること

1日2食ダイエットは簡単に始められますが、やみくもにただ1食抜けばいいというものではありません。健康的にキレイに痩せるためには、大切なポイントをしっかり押さえて実践することが重要です。

野菜をたっぷり食べる

野菜は各種ビタミンや食物繊維が多く含まれており、ダイエットの大敵と言われている便秘や肌荒れを予防・解消する働きがあります。また、野菜は沢山食べても低カロリーなので、満腹感を得るためや、料理のかさ増しにも効果的です。

中でもゴボウ、ニンジン、レンコンなど歯ごたえのある野菜類は、噛むことで「食べている」という信号が脳に送られ早く満腹感を得られるので、ダイエットの強い味方ですよ。

タンパク質をしっかり摂る

痩せやすい体質を作るためには、まず筋肉をつける必要があります。その筋肉を作るのが、タンパク質なんです。タンパク質が少ないと、筋肉量が減り、その分代謝も下がります。そうなると、摂取した栄養素をエネルギーとして消費できずに体内に蓄積され、太る原因になります。

タンパク質は不足しがちな栄養素なので、積極的に摂る様に心がけましょう。

炭水化物は少なめに

ご飯やパン、麺類など主食とされる食べ物を減らすことは容易ではありませんよね。しかし、エネルギーの元になる炭水化物を減らすことで、高いダイエット効果が期待できるんです。炭水化物が減少しエネルギー不足になったときに、脂肪が燃焼されエネルギーとして働きます。従って、より脂肪を燃焼させるためには、炭水化物を控えることがポイントなのです。

カロリーの摂り過ぎには注意!

先ほども少し触れましたが、1日2食ダイエットを成功させるには、2食を普段通りの食事量に保つことが重要です。1食抜くことで、空腹感からドカ食いしてしまい、それまでと同じカロリーを摂取していたら、全く効果が得られません。

1日2食ダイエットを暫く続けても効果が得られない場合は、カロリーを摂り過ぎている可能性がありますよ。カロリーの摂り過ぎには十分注意してくださいね!

1日2食ダイエットのメリット

1日2食ダイエットのメリットは何といっても、その手軽さです。忙しい日々の中で運動する時間を作る必要がなく、煩わしいカロリー計算も必要ありません!1日2食ダイエットは、朝食、昼食、夕食と1日3食のパターンを、自分のライフスタイルに合わせて、そのうちの1食を抜き、1日2食にするだけ。誰でも簡単に実践できるダイエット法なんです。今まで色々なダイエット法を試しても、続かず効果が得られなかった人でも、成功する可能性が非常に高いダイエット法と言えるでしょう。

1日2食ダイエットのデメリット

その他のダイエット同様、1日2食ダイエットにもデメリットがあります。どの1食を抜くかによっても、それぞれのライフスタイルによってもデメリットは変わってきますので、よく吟味してくださいね。

朝食抜きのデメリット

普段から、朝は忙しくて食べるゆとりがない、寝起きで食欲がないなどの理由で朝食を食べない人は珍しくないですよね。意識せずに1日2食ダイエットをしている、と言えますが、朝食は1日の食事の中で最も重要と言われています。朝から活発に動き、頭をフルに使うには、エネルギーが必要です。このエネルギー源になる朝食を抜くことは、エネルギー不足で活動的な1日を過ごせなくなるというデメリットがあります。

昼食抜きのデメリット

働いている方は、仕事が忙しくて昼食を取る時間がなかった...という経験があるのでは?昼食を抜くと、エネルギー不足から頭の回転が鈍くなり、仕事の効率が悪くなるデメリットがあります。

また、夕食までの時間が長いため、あまりの空腹に間食をしたくなったり、夕食をドカ食いしてしまう傾向もあるようですよ。

夕食抜きのデメリット

昼間に仕事をしている人は、夜は活動量が減るため、エネルギーはそれほど必要ではないですよね。なので、夜にカロリーを摂り過ぎると太る原因になりますし、夕食を抜くのが理想的に思えます。しかし、友人と飲みに行ったり、家族団らんの時間を犠牲にしなくてはならず、この楽しみを大切にしたい人にとっては、大きなデメリットになってしまうのです。

1日2食ダイエットを始めてみよう!

 

1日2食ダイエットは、気を付けるべきポイントはあるものの、運動もカロリー計算も必要なく、1食を抜くだけで実践できる手軽なダイエット法です。忙しい現代人に非常に適したダイエット法ではないでしょうか。やり方は至ってシンプルなので、まずは自分のライフスタイルや、その日のスケジュールに合わせて臨機応変にどの1食を抜くか決め、実践してみましょう!